債務整理をするならできるだけ早く

img-1

債務整理を行うのならできるだけ早いほうが良いです。

和歌山の税理士に関する特集が満載です。

借金がふくれあがる前にしたほうが良いという意味もありますが、過払い金の返還請求ができるかどうかが変わってくる可能性を考えれば早ければ早いほうが良いのです。過払い金とは、支払いすぎた利息を返還してもらう手続きを指します。

神戸の税理士に関する情報を公開しているサイトです。

過払い金が発生していれば、法的な手続きによって返還してもらうことができるのですが、その期限は10年です。最後の取引が行われてから10年経つと返還請求ができなくなります。

ですから、10年以内に行わなければならないわけです。
別の理由もあります。
請求先がなくなってしまうと言うリスクもあります。

様々な京都の相続放棄関する情報選びといえばこちらのサイトです。

債務整理を行うことは、借りた方にとっては魅力的なものなのですが、貸した側としては悲惨なことでしょう。

https://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q1456090144

約束を破って返済が遅れた上に、減額や、あるいは帳消しにしてくれと言われるわけですから、経営に対するダメージは非常に大きいです。この経営ダメージによって請求先がなくなってしまう可能性があるのです。

https://news.goo.ne.jp/article/suumoj/life/suumoj-101659.htmlの情報を得られます。

実際、過払い請求が行われたことによって破綻した消費者金融があります。

小規模な消費者金融ではなく、大手と呼ばれる消費者金融の一つが破綻したことは有名なことです。
社名を変えて存続しているものなら請求はできるのですが、完全に破綻してしまうと請求する先はなくなってしまいます。

https://matome.naver.jp/odai/2147169787025731501/2147170058529016703

すでに破綻したものもあるくらいですから、債務整理をするのであれば、できるだけ早く行うべきだと考えられます。

関連リンク

img-2
債務整理の同時廃止について

債務整理として自己破産を選んだ場合、破産手続きが開始されると破産管財人が選任され、財産を売却して債権者に分配するなどの手続きを行います。何らかの資産を持っている人ならこの手続きが必要となりますが、そうではない場合もあります。...

more
img-2
専門家に債務整理を依頼する時期について

借金の返済が苦しくなってきた人の中には、債務整理を行うことを検討しているという人もいるでしょう。では、債務整理はいつ専門家に依頼すれば良いのでしょうか。...

more
top