債務整理で取立てが止まります

img-1

債務整理をするメリットは様々なものがありますが、貸金業者からの取立てが止まるというメリットは非常に大きいでしょう。

お金を貸したのだから返して欲しいというだけのことなのですが、厳しい取立てが行われたことが社会的な問題となったために規制がかけられるようになりました。



暴力的な態度をとることや、大声を上げたり乱暴な言葉を使ったりすることは禁止されていますし、多人数で取り立てることも禁止されています。



かつては夜になると債権者が取立てに来ると言ったこともあったのですが、貸金業者についてはこれも禁止されています。
具体的には、正当な理由がなく午後9時から午前8時の時間帯に電話をかけたり訪問したりすることは禁止されています。



また、勤務先に電話をかけたり取立てに訪れたりすることも禁止されています。



それとともに、契約の内容を他人に教えてはならないこととなっています。
ですから、たとえば張り紙をすると言ったことは禁止されているのです。



このようなことが禁止されているとは言っても、取立てが完全に禁止されているわけではありませんから、取立てに悩んでいる人もいると思います。

債務整理をすれば取立てがやむというメリットがあります。



たとえば弁護士に債務整理の手続きを依頼した場合、債権者は弁護士に対して取立てを行うことはできるのですが、本人に対して取立てをできなくなります。
この点では専門家に依頼するメリットは大きいでしょう。

関連リンク

img-2
債務整理の同時廃止について

債務整理として自己破産を選んだ場合、破産手続きが開始されると破産管財人が選任され、財産を売却して債権者に分配するなどの手続きを行います。何らかの資産を持っている人ならこの手続きが必要となりますが、そうではない場合もあります。...

more
img-2
債務整理で取立てが止まります

債務整理をするメリットは様々なものがありますが、貸金業者からの取立てが止まるというメリットは非常に大きいでしょう。お金を貸したのだから返して欲しいというだけのことなのですが、厳しい取立てが行われたことが社会的な問題となったために規制がかけられるようになりました。...

more
top